"値下げの交渉をする時には必ず合計支払金額で計算するようにしてください。
「とにかく初期費用を減らしたいから」という理由ではなく、契約期間である2年間単位で値下げ交渉をしましょう。

 

もし値下げの交渉を考えているのでしたら家賃と礼金の2つとなります。
これら2つの値下げを同時にしてもらうことはまず難しいので、実質は礼金のみの値下げ交渉となるでしょう。
交渉をすることが出来るものは家賃、礼金、敷金の3つとなります。
ただし敷金の値下げ交渉としても、契約満了時には戻ってくるお金ですので、意味のある交渉とは言えません。"



思い切って家賃交渉をしてみようブログ:2020-01-24

必要以上に太っていると
色々な病気を引き起こしてしまう原因にもなります。

単に見た目だけではなく、健康を考えた上でも、
シェイプアップによる体重の管理はとても大切と言えます。

でも過度なシェイプアップは
逆に身体を壊してしまう場合もあります。

そんなことにならないためにも、
シェイプアップの注意点をしっかりと把握しておきましょう。

シェイプアップは、
単に一時的に痩せるだけではなく、
リバウンドしないためにも、
太りにくい身体を作り上げるのが
上手なシェイプアップと言えます。

そのためには、
単に食べる事制限や
サプリメント、食べる事食品の利用や
トレーニング療法などを実行するだけではなく、
日々の生活習慣を見直すことも大切になります。

シェイプアップの注意点として、
食生活の見直しはとても大切です。
1日きちんと三食の食べる事を取ることが大切!

また
23時はカロリーが消費されにくいので、
夕食はカロリーを抑えた食生活を心がけましょう。

とは言え、無理や我慢は禁物です。
反動で逆に食欲が増してしまう場合もあるので、
自分でコントロールしながら、
食べる事制限を行なっていきましょう。

また周りに
シェイプアップ中だということを宣言することも大切ですね。

そして
日々体重計に乗って、
自分の体重をチェックすることも必要となります。

シェイプアップの最大の注意点は、
無理なシェイプアップはしないこと!

ひと月に10kgもダウンするような
過激なシェイプアップはリバウンドしやすく、
さらに肌荒れや、生理不順などの原因にもなるので
ひと月5%以上の体重ダウンは避けるようにしましょう。


このページの先頭へ戻る