"自分の物件条件の幅を広げることでより良い物件に巡り合うことがあります。
もちろん予定家賃設定を上げれば理想の条件に合う物件と出会えますが、後々のことを考えてなるべく家賃設定の変更はしないようにしましょう。

 

雑誌を見て希望に近い部屋があれば、不動産会社に連絡すれば良いのですが、そうでない場合は条件を考え直す必要もあります。
確かに条件というのは物件探しで非常に重要なことですが、妥協をすることも大切なことなのです。
不動産屋の担当者に条件出しをしたら、その条件が現実的かどうかをチェックしてみることが大切です。
もし現実的に不可能な条件のようでしたら、多少なりとも条件の幅を広げて不動産屋に再度相談をしてみましょう。"



設定した条件が現実的かを確認ブログ:2019-10-16

ミーはパパ大好きっ子です。
もし、父母に相談することがあれば、
相談はママではなくパパにするくらいです。

そんなパパは
どちらかと言うと世話好きなおばちゃんって感じで、
いつも人の心配をしているような人です。
それでいて、無邪気で、でも男の背中も見せてくれます。

普段は甘えん坊で、
天然ボケみたいなところもありますので、
どちらかと言うと邪険に扱っております。

…が、そんな愛すべきキャラの
パパの強さと悲しさを見たことが何度かあります。

それは祖父が亡くなった時のこと。
ミーが幼稚園のときでした。

当時のミーは
パパの置かれていた環境は知るはずもありませんが、
その時パパは
「泣いていない」のに「泣いて」いました。

祖父は心臓病だったのですが、
ミーたちは、運良く死に目に会うことが出来ました。

なぜ、運良くかといいますと、
パパと祖父は仲たがいをして
長いこと会っていなかったからです。

パパと祖父が和解したのは、
祖父が亡くなった時なのです。
ミー自身も祖父に会ったのは、その最後の1、2回だけです。

最後の最後で自分のパパと分かり合えたのに、
これで永遠のお別れなんて…

でも、男として涙をこらえていたんでしょうね。
息子ながらにひしひしと感じるんです。
この人の心は泣いているなって。号泣してるなって。

その時、
とりあえず息子たちは外にいなさいと言われたのですが、
その悲しみの大きさを感じて、返事も出来ずに何も言えずに、
ミーは固まっていました…

人はこんな時、
誰でもそんな風にしてしまうのかもしれませんが、
ミーは父の中に大きさを感じました。


このページの先頭へ戻る